会社概要

会社概要

会社名 パークフィールド株式会社(英文社名:PARKFIELD Corporation)
代表者 林 将彦
設立 1999年10月(平成11年10月)
資本金 1,400万円
決算期 9月30日(年1回)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 青山通支店
役員 代表取締役:林 将彦
取締役:武内 貴子
所在地 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-1-2905
連絡先 TEL:03-5795-4774 / Eメール:info@parkfield.jp

業務内容

創業以来、インターネットのプロモーション&マーケティングを一貫して追求。独自に開発した媒体データベース、競合他社調査レポート、効果測定システムを活用できる強みを生かし、よりよいプロモーションプラニングを行っていきます。

Webプロモーション

  • インターネット広告の検索サービス「メディアレーダー」の運営
  • 広告出稿クライアント調査レポート「バリューレポート」の運営
  • 媒体セールス情報サイト「新着メディアリリース情報」の運営
  • SEMプロモーション(リスティング広告運用サービス・SEO対策)

Webサイト制作

  • ネットショップの企画・制作及びショップ運営
  • Webキャンペーン企画提案(マストバイ、インスタントウィン等)
  • 広告原稿制作・広告リンク先サイト制作

Webマーケティング

  • PCモバイル両対応の広告効果測定システム「プロモレーダー」の運営
  • 各種プロモーションASPの紹介・導入(LPO、アクセス解析、メール配信他)

パークフィールドが創業以来実践しているサービスの一つに他社に先駆けて独自に開発した「広告効果測定システム」があります。提案した広告メニューのコストパフォーマンスの検証や、提案した広告原稿クリエイティブの効果検証、キャンペーンサイトの申込獲得力の検証など、今では当たり前のことを10年前からやっています。

また09年に開設した媒体検索サービス「メディアレーダー」により、1000媒体以上のインターネット広告媒体、モバイル広告媒体より広告プロモーションに合わせた最適なメディアプランを提案することが可能になりました。

プロモーション系のクリエイティブは、広告出稿実績クライアント調査レポート「バリューレポート」で競合会社とのバナー広告原稿や広告リンク先ページの比較検討が可能で、よい事例を参考に、よりよいものを作成できる仕組み作りをしています。

沿革

1999年10月 インターネット広告事業/メールマガジン広告「TARGETmag」開始。
広告クリックカウントサービス開始
2001年09月 ターゲティングメール広告(DEMAL、Pointmail等)の取扱を開始。
Eメール広告の取扱実績で年商1億円を突破
2002年04月 青山一丁目オフィス開設
2003年06月 モバイル広告(ブランドマニア、MLOTO、TheNews等)の取扱開始。
モバイルサイト制作サービス開始
2003年09月 ネット広告の取扱実績で年商2億円を突破
2005年03月 マストバイ・インスタントウィンキャンペーンサービスを開始
2006年03月 プライバシーマーク(Pマーク)を取得
2006年09月 効果測定システム「プロモレーダー」正式リリース
2007年06月 インターネット広告推進協議会(JIAA)に正会員として加盟
2008年03月 プライバシーマークを更新
事務所を高輪オフィスに移転
2009年04月 インターネット広告の検索サービス「メディアレーダー」正式リリース
2009年07月 広告出稿クライアント調査レポート「バリューレポート」創刊
2010年03月 自社運営ネットショップ「フラワーレメディ」開設
2012年03月 プライバシーマーク付与事業者から脱退(任期満了を持って終了)
2012年07月 自社運営ネットショップ「モテワイン」開設
お問い合わせ

info@parkfield.jp

このページの先頭へ戻る